ハイドロキノンの化粧品でシミを除去できる?




皮膚科 ハイドロキノン


「シミにはハイドロキノンがいい!」

こういうことを聞いたことがある方は増えているのではないでしょうか。ハイドロキノンという成分は近年注目されていていろんな化粧品にも配合されています。

ハイドロキノンという成分はシミの除去に効果的ということで欧米でははやくからシミの治療に用いられてきました。日本でもこの成分が注目されていて皮膚科でも処方されたりしていて成果をあげています。効果がでやすいといわれていますが、その反面、副作用のリスクもあると言われています。

敏感肌の方などはとくに肌がヒリヒリしたりすることもあるようなので注意が必要です。皮膚科で処方してもらう以外にも輸入代行サイトなどでも手に入れることができますが、自己判断で使うのはよくないので医師に処方してもらうようにしましょう。

ハイドロキノン 濃度


濃度によって効果のでやすさに差があります。5%までなってしまうと刺激が強くて副作用になりやすいようです。4%以上は医薬品になりますので慎重に使っていくことが大事になります。

肌の漂白効果が高いので人によっては白斑や色素沈着になる可能性もありますので、医師に判断してもらいながら慎重に使っていくようにしましょう。自分の肌に合うかどうかのパッチテストも忘れずに行うようにしましょう。

ハイドロキノン 効果


副作用のリスクはあるもののその効果については、アメリカなどでも実証済みですし、高い成果をあげています。

最近ではこのハイドロキノンを配合した化粧品というのも人気です。この成分は扱いが難しいということでなかなか化粧品で配合されてるものはなかったのですが、ビーグレンという化粧品はこのハイドロキノンを配合していて人気になっています。

サイエンスコスメという国際特許取得の独自の浸透技術でこのハイドロキノンを肌のおくまで浸透させることで効果的にシミが除去できるということでかなり売れています。

実際にトライアルセットを試した方の多くがその効果を実感して本製品を購入しています。シミにお悩みであればこういった化粧品のトライアルセットを試してみてはいかがでしょうか。
↓ ↓ ↓
[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す



ハイドロキノンには発がん性があって危険?


ネット上ではハイドロキノンは発がん性があって危険という見解もあるようです。これについてはすべてのハイドロキノンが危険というわけではなく、酸化して変質することで危険な成分になるということらしいです。

安全な濃度で適切に扱えば問題ないですし、あんまり心配する必要はないといえます。実際に日本でも安全だということで2002年に市販の化粧品に使っても大丈夫と認可されていますし、市販の化粧品であれば心配はありません。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。