出来たシミを消したい

シミができてしまうと化粧の方法もかえなければならないですし、いろいろと負担が多くなりますよね。一言にシミと言っても、シミの種類によっても効果的な消す方法というのは変わってきます。シミの化粧品とか美白のためのサプリとかを飲んでもぜんぜん改善しないという場合には、そういったものが効果的ではない種類のシミなのかもしれません。

肌あれによってできるシミ、ニキビ跡などの炎症性色素沈着や、頬骨の部分にぼんやりできやすい肝斑、ソバカスなどは美白化粧品が効果的といわれています。美白化粧品を選ぶときのポイントとしては、しっかりと美白成分が含まれたものを選ぶというのが大事です。化粧品のなかには美曰成分があまりはいっていないものの「ホワイト~」という名称やパッケージでそれらしく売ってることもありますので注意が必要です。成分表をしっかりと確認してどういった美白成分が含まれてるのかをしっかりと確認して使うようにしましょう。

最近だとハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの美白成分が含まれた化粧品が人気になってるようです。こういった成分が含まれてるものはある程度の値段がすることが多いので、しっかりと値段にあった品質かどうか判断して決めるようにするの大事になってきます。


美白化粧品が効きにくい種類のシミでは表面が盛り上がった脂漏性角化症、肩から背中にできる花弁状色素斑などがあります。こういったシミの場合は化粧品ではなく、レーザー治療でないと治すのは難しいようです。また老人性色素斑についてもはっきり濃くなってしまったものについては美白化粧品ではあまり効果がなく、レーザーでないと改善が難しいということもあります。

まずは自分のシミがどういったものかを判断するのが大事になってくるといえます。皮膚科を受診することでどういったシミでどういったケアが有効なのかアドバイスをしてくれますので一度受診してみてはいかがでしょうか。


シミはできてからだとケアをするのが難しくなりますのでシミをこれ以上作らないようにするということも大事です。紫外線対策が特に重要になりますので年間とおしてしっかりと日焼け止めを塗るようにして対策していきましょう。ビタミンCとかを含む食材なども摂取するようにしてシミにならないように気をつけましょう。

肌が乾燥してるときも紫外線へのバリア機能が低下してダメージを受けやすくなりますので、乾燥しないように普段のスキンケアでしっかりと保湿も行っていくようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。