腕のシミを消したい

腕のシミの原因


腕は人目につきやすい部分ですし、シミがあると嫌ですよね。シミを見られるのが嫌で肌を出すのを控えてる方もいるはずです。腕にシミができる原因としてはターンオーバーの遅れや衣服による刺激、睡眠不足やストレスによる肌の代謝の悪化などが考えられます。

様々な要因が重なることでシミができてしまいますが、その中でも特に影響があるのが紫外線です。腕は紫外線が当たりやすい部分であり、紫外線の影響でシミができてしまうことが多い部分です。

シミを濃くしたり、新しいシミを作らないためには予防が大事です。シミができてから消そうとすると大変なのでまずは予防をして新しいシミができないように気をつけましょう。日焼け止めやUVカットのケア商品などを活用して紫外線対策をしていくようにしましょう。

腕のシミ予防のための紫外線対策


紫外線の対策を夏だけしかしない方もいますが、紫外線は1年中降り注いでいますので、1年間通して対策をする必要があります。普段使いする日焼け止めはノンケミカルの肌に優しいタイプを使うのが有効です。あまり刺激が強いのをつけてると肌荒れのリスクもありますし、肌に負担がかかりますのでなるべく低刺激のものがいいです。

日焼け止めを使う上で大事なことは適量を使うということです。ついついもったいないと思って使用する量を節約してしまう方もいると思いますが、これでは日焼け止めの効果が半減してしまいます。これだとUVケアできていると思っても紫外線のダメージを受けてしまっているということになりかねません。適量をしっかり塗ることが大事です。

室内でも窓際には紫外線が降り注いでいますので安心はできません。UVカットのカーテンや窓にするなど対策しておくと安心です。

日焼け止め以外では不規則な生活をしていてホルモンバランスが乱れるとシミもできやすくなりますので規則正しい生活をするようにしましょう。睡眠不足やストレスは肌の修復を遅らせシミができやすくなりますので、気をつけましょう。





シミを消す方法


シミの根本的な解決ではありませんが、ボディ用のファンデーションを使うことで目立たなくすることができます。美容成分が含まれてるものがあったり、顔のファンデーションよりも落ちにくいものがあるのでこうしたものを使うと効果的にシミを消すことができます。

シミには種類があり、どんなシミなのかによって有効な方法は変わってきますが、40代頃からできやすくなる加齢による老人性色素班というシミであれば美白化粧品を使うことでよくなる場合もあります。

美白化粧品はいろいろありますが、特にハイドロキノンという成分はシミに効果的と言われています。肌の漂白剤とも言われてる成分で、皮膚科で処方してもらうことができます。ただ、腕の場合には皮膚の性質上、薬剤があまり効かないということもあります。

また、美白効果が高いため肌に負担が大きいので慎重に使わなければなりません。市販されてるものもあるので普通に手に入りますが、副作用のリスクもあるのでなるべく医師に相談して処方してもらったほうがいいです。

ハイドロキノンを含んだ美白化粧品もあるのでそうしたものを使うのも有効です。こうした化粧品の場合は、病院で処方されるものより濃度が低いので副作用のリスクは低いです。ただ、シミが濃くなってる状態の場合は、美白化粧品でも効果が思うようにでないこともあります。その場合は、美容皮膚科などで相談した方がいいです。

美容皮膚科ではシミの状態を確認してくれて有効な治療方法を教えてくれます。場合によってはレーザーによる治療が有効になるということもありますのでまずは皮膚科で相談してみて自分にあった治療方法のアドバイスをもらいましょう。

生活習慣に問題がある場合は肌の代謝が悪くなってシミがなかなか改善しにくくなるということもあります。偏った食事をしていたり、ストレス、睡眠不足などがあると肌の代謝を悪くしてシミもできやすくなり、治りにくくなってしまいますので気をつけましょう。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|