頬のシミを消したい!シミの原因と治療方法は?

頬のシミ 原因



シミができやすい部分はいろいろありますが、頬もシミのできやすい部分といえます。シミにもいろんな種類があり、頬にできるシミは肝斑と呼ばれるシミが多いです。

頬骨のあたりに左右対称にできるシミを肝斑といいます。太いハケでベタッと塗ったような感じの広範囲のシミが肝斑の特徴です。ホルモンバランスの乱れ、ピルの服用、紫外線の影響、生活習慣の乱れなどが原因になってることが多いですが、はっきりとしていないということもあります。複合的に要因が重なりできることもあります。

自分の頬のシミが肝斑なのか通常の老人性色素斑と呼ばれるシミなのか分からない場合には皮膚科で診断してもらえば肝斑かどうか判断してもらうことができます。ちなみに老人性色素斑の場合は頬骨の高い位置からできることが多く、数ミリの丸っこいシミから出始めることが多いです。

肝斑は比較的若い年齢からできやすいシミであり、早い方は20代後半からできやすく、50代後半くらいまで症状がでやすいです。30代から40代にできることが多く、自然に治ることも多いです。

ただ、肝斑ができている状態で紫外線を浴び続けることでシミが濃くなって残りやすくなり消えにくくなってしまいます。そのため紫外線対策が重要になります。肝斑に限らず、紫外線はシミの原因となりますのでしっかり紫外線対策をしておきましょう。

日焼け止めを使う時に十分な量を使っていないという方も多いので注意が必要です。適切な量を使わないと日焼け止めの効果が十分に発揮できずに紫外線のダメージを受けてしまいますので気をつけましょう。表示の使用量を確認して十分な量を塗り紫外線によるダメージを防ぎましょう。



頬のシミ 治療方法



この肝斑は美白化粧品で改善することができます。美白化粧品にはいろいろな成分が使われていますが、とくにハイドロキノン、ビタミンC誘導体などが有効です。ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれていて高い効果をあげています。美容皮膚科でもシミの治療に用いられていますので美容皮膚科に相談するのもいいと思います。

ハイドロキノン配合のビーグレンの化粧品なども人気なのでこういったものを試して使ってみるのも良いかもしれませんね。トライアルセットも用意されていてかなり豪華で効果もでやすいと好評です。

特にCセラムという美容液はピュアビタミンCを肌の奥まで浸透させて高い美容効果をもたらしてくれると多くのリピーターに愛用されています。ビタミンC誘導体は抗酸化作用が高く、アンチエイジングの効果も高いですし、美白にもなりますのでこうしたものを活用することでシミも薄くなりやすいです。

このCセラム美容液を使うだけでもだいぶ肌質は変わってくると思います。トライアルセットに含まれていますのでぜひチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す


こういった化粧品は自分で使ってみないと自分にあってるのかどうかわからない部分も多いのでまずはいろいろと試してみて自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

ほかには皮膚科でも肝斑の治療をすることができます。トラネキサム酸やビタミンCの外用薬、ハイドロキノンなどを処方してくれたりします。病院で処方されるハイドロキノンは効果が高い反面、副作用のリスクもありますので、使用方法をしっかり守ることも大事になってきます。

あとはレーザーの治療もあります。昔は肝斑にレーザー治療は向かないといわれていましたが、最近は肝斑に効果が期待できるレーザー治療というのも登場しているようです。美容皮膚科の場合には皮膚科と比較して治療費も高くなりますので、事前に公式サイトなどを確認して料金システムを調べておきましょう。

頬のシミ 予防方法



シミを予防して化粧品の効果を最大限発揮させるためには肌質の向上も大事です。普段から規則正しい生活を送るようにして体質を改善して肌質も向上させていきましょう。

肌質がよくなると化粧品の浸透もよくなり、十分に効果も発揮してくれます。あとは肝斑が濃くならないように紫外線対策をするなどしてスキンケアと紫外線対策も万全に行いましょう。

日傘を使ったり、アウトドアに行くときにはビタミンCを摂取してしっかりとした効果の日焼け止めを使うなどして万全の体制ででかけましょう。最近は飲む日焼け止めとかもありますのでこうしたものを活用してみるのも良いかもしれませんね。また、室内でも紫外線が降り注いでいますので油断せずに紫外線を防ぐようにしましょう。


あとは睡眠も大事です。だいたい7時間から9時間くらいが理想と言われています。睡眠中に成長ホルモンが分泌されて肌の修復が行われていきます。午後10時から午前2時が肌のゴールデンタイムと言われています。実際には10時に眠るのはかなり難しいと思いますのでできれば12時くらいまでには寝るようにしたいですね。

決まった時間に寝ることで体内時計がととのいやすくなり、成長ホルモンも分泌しやすくなるといわれていますのでなるべく決めた時間に寝れるようにスケジュールを調節しておきましょう。

あとは寝る前のスマホは寝付きが悪くなるのでやめたほうがいいですね。私も以前は寝付きが良くなかったのですが、寝る1時間前にスマホを使わないようにしたら、自分でもびっくりするくらい寝付きが良くなりました。なかなかねれないという方はぜひ試してみてください。

いきなり1時間使わないというのは不安というかたは30分前に使わないようにすることからはじめて徐々に時間を伸ばしていくと良いかもしれませんね。これだけでもだいぶ寝付きが違ってくるはずですよ。

寝る前にストレットやヨガをするのもいいと思います。ちょっと身体を動かして体温をあげておくと体温が下がったときに眠りに落ちやすくなるので、スムーズに眠りやすくなります。たっぷりと質のいい睡眠をとって美肌を目指しましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。