肝斑によるシミを消すための美白美容液の選び方!どんな美白成分がいい?

シミ 肝斑



シミにはいろんな種類がありますが、肝斑によるシミで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。肝斑は頬骨のあたりに、もやっとしたシミができるのが特徴です。30歳から40代くらいにできやすくなるシミと言われています。

一般的なシミといわれる老人性色素斑の場合は、紫外線や加齢の影響が大きいといわれていますが、肝斑の場合は、ホルモンバランスの影響できやすくなると言われています。

ホルモンバランスが乱れやすくなる妊娠や出産の時期にもできやすく、ホルモンバランスが安定することで自然に消えることも多いです。ただ、肝斑ができている状態で紫外線のダメージが蓄積すると肝斑が濃くなって消えにくくなるので注意が必要です。

肝斑の場合は美白化粧品を使うことで薄くなったり、改善することが多いです。それではどういった美白化粧品を使うのがいいのでしょうか。

肝斑に効果のある美容液



肝斑のようなシミは美白化粧品であればなんでもいいというわけではなく、美白成分が含まれたものを使うのが大事になってきます。美白成分が含まれていないといくら使っても効果が期待できません。

美白成分はいろいろありますが、なかでもビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トラネキサム酸、プラセンタエキスなどが含まれているのが美白効果が高く、肝斑の改善がしやすくなっています。

ビタミンC誘導体はとくに美容効果の高い成分として有名です。アンチエイジングの効果もありますし、老化予防にも最適です。シミ、シワの予防にもなりますので上手に活用していきましょう。

ビタミンC誘導体を普通に使うのもいいですが、イオン導入する方法も効果的です。イオン導入器を使うことで肌の奥までビタミンC誘導体を浸透させて、効果を高めることができます。

ほかにはハイドロキノン配合の化粧品も高い美白効果が期待できます。ハイドロキノンは欧米では昔からシミの治療に使われていて治療効果を上げています。日本で化粧品として商品化されたのは比較的最近ですが、高い美白効果が期待できるということで人気になっています。

いろんな化粧品がありますが、とくにビーグレンの化粧品は美白の効果が高いということで人気です。ビーグレンの美容液「Cセラム」もピュアビタミンCが含まれていて高い美白効果を期待できますし、クリームにハイドロキノンが配合されているのでシミも薄くなりやすいです。

ただ、美白化粧品を使ったからといってすぐに消えるものではなく、時間がかかることが多いです。数カ月から1年くらいかかることもあるようです。化粧品は薬ではないので作用も緩やかで効果がでるまでに時間がかかるのは仕方がない部分であるともいえます。

あまり焦らずに地味にスキンケアをしていってシミを薄くしていきましょう。

なかなか改善しないようであれば、美容皮膚科に行ったり、皮膚科で内服薬を処方してもらうのもいいと思います。内服薬で内側からケアをしつつ、スキンケアで外からケアをするとより効果的にシミを薄くできるはずです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。