顔のシミを消す方法は?化粧品はどれがいい?




顔 シミ 消す方法


美白成分を含んだ化粧品などを利用する人も多いかと思います。しかし、シミにはいくつかの種類があり、症状によっては美白化粧品もきかないということがあります。まずはその種類をしっかりとしたケアを行うのが必要になってくるといえます。

たとえば、脂漏性角化症と呼ばれる、いぼのように表面にできているタイプは美白化粧品では治らないのでレーザーによる治療などで消す必要があります。他に背中など日焼けの跡にできる花びらのような形をしたシミができる花弁症色素斑もレーザーなどによる治療が必要とされています。

シミ 消す方法 自宅


上のような二つのタイプ以外は自宅でも消す方法もあります。自宅で改善する方法としてはスキンケアが重要になってきますが、他にも食事などによって予防したり、改善させることはできます。

予防にはビタミンCが有効です。ビタミンのCの役割としてメラニンの沈着を抑え、目立ちにくくする効果もあります。紫外線の多い時期については積極的にシミを消す方法をとるのが大事になってくるといえます。

かんきつ類の果物のほか、パプリカやブロッコリートマト、パセリなどにも含まれているのでしっかりとこういったものを食べるようにしたいですね。他にはビタミンAも有効です。鶏レバー、うなぎ、ニンジンなどに多く含まれますのでこちらも積極的に食べたいですね。

シミ 消す方法 化粧品


化粧品の選び方は重要になってきます。美白成分を含んだ美白化粧品を使うことによってメラニン色素の製造を抑えてくれます。ビタミンC誘導体やルシノール、アルブチンなど様々な美白成分がありますが、選ぶときのポイントとしては、自分に合ったものを選ぶようにするということです。

どれが一番いいかということを言えればわかりやすくていいと思いますが、人によって肌質や効果も違いますのでどれがいいかということは使ってみないとわからないというのが実状です。

一般的な美容皮膚科などでは、ビタミンC誘導体を含む美白化粧品がよく使われているようです。抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果が期待できるので人気になっています。

ニキビ跡や傷跡が残ってしまった場合もこのビタミンC誘導体の化粧品は有効ですので、このタイプにお悩みの方は使ってみるのがいいのではないでしょうか。

ほかにはハイドロキノン配合の化粧品も効果的です。肌の漂白剤といわれるくらいに高い美白効果をもつハイドロキノンは皮膚科の薬にも使用されています。化粧品の場合は濃度が低いので薬よりは効果が低いですが安全に使うことができます。

ハイドロキノン配合の化粧品もいろいろと販売されていますのでトライアルセットなどを使って試してみましょう。

できてしまったシミを治すのは時間もかかりますので、美白化粧品をうまく活用してしっかりと予防をしていきたいところですね。シミを消す方法は色々とあると思うので自分なりに様々な消す方法を調べてみるのもいいかもしれませんね。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。